ボルジア 3

ボルジア

Add: ucisinum8 - Date: 2020-11-25 12:24:09 - Views: 9575 - Clicks: 3636

海外ドラマ「ボルジア家3」をご覧になっている方、いらっしゃいますか?衣装やセットは重厚、キャストも声優陣もすべてがぴったりで見事と. 愛妾 フィアンメッタ・ミケーリ ドゥルーシラ ドロテア・マラテスタ 1499年5月10日、フランス王ルイ12世の従妹で、ナヴァーラ王ジャン・ダルブレの妹であるシャルロット・ダルブレと結婚。 唯一の嫡出子であるルイーズをもうける。 他に少なくとも4人の非嫡出子がいたとされる。 1. ボルジアの始祖はスペインにあり、ボルハという。 ボルジア(BORGIA)はスペイン語のボルハ(BORJA)のイタリア語化したものである。 ボルジア 3 スペインの北方サラゴサから南方へ60キロ下ったエブロ河沿いに、ボルハという街がある。この街にボルジア家の源流があるとされる。 1120年、アラゴン王アルフォンソ1世はイスラムの手からボルハを回復し、腹違いの弟ペドロ・アタレスに封土する。 ボルジア(ボルハ)家はこのペドロ・アタレス( - 1151)の末裔であり、その後約1世紀に渡ってボルハに暮らしたと言われる。 しかし、ペドロ・アタレスは子孫を残さずに死去したとも言われ、ボルジアの祖であるという明証は全くない。*1 ボルハ一族は、ボルハに居住していた土着の郷士*2であった、とする説が最も有力である。 ボルジア 3 1238年、アラゴン王ハイメ1世は、イスラムの支配下にあったヴァレンシアを征服、次いで小都市ハティヴァを征服し、1240年獲得した地を騎士たちに分配して封土する。 → その騎士たちの中にエステバン・デ・ボルハと8人の一族 以来、一族はハティヴァを拠点にして繁栄していく。 1378年、一族の繁栄の基となるアロンソ・デ・ボルハ誕生。 14歳でレリーダ*3の大学へ入学、教会法と民事法を学ぶ。 1378年は教会大分裂のはじまった年でもある。アヴィニヨンに立った対立教皇クレメンス7世の後がベネディクトゥス13世に継がれ、アロンソは彼の背後で法律家として活躍する。 1416年、アラゴン教会の会合にて、アロンソはアラゴン王アルフォンソ5世と出会い、翌1417年、王の秘書に抜擢される。 1429年、アロンソはベネディクトゥス13世の死後の対立教皇クレメンス8世の退位を成功させる。その褒賞としてローマ教皇マルティヌス5世は、アルフォンソ5世との同意の上で、アロンソをヴァレンシアの司教に任命する。 1442年、アルフォンソ5世はナポリの征服に成功。 教皇エウゲニウスとの同盟の会談にアロンソはアラゴン国王の大臣として出席。1444年、多年の功績の褒賞として、ローマのサンティ・クァットロ・コロナーティ教会の枢機卿に任命される。. ボローニャの枢機卿フィリッポ・カランドリニ(Filippo Calandrini) しかし巧みな論法と説得により票を集めた、 1. ルーアンの枢機卿ギョーム・デストゥトヴィル(Guillaume d&39;Estouteville) 2. 5 cm 、重さ 0. シーズン3のみ全14話。各話約60分。R-15指定。 中世ヨーロッパを舞台にして、イタリア・ルネサンス期を支配したボルジア家を描く物語である。年に本作と同じ題材のテレビドラマ『ボルジア家 愛と欲望の教皇一族』(The Borgias)も制作される。. チェーザレ・ボルジアの剣 作者 エルコーレ・デイ・フェデーリ 制作 1498年頃 媒体 鞘:子牛の革 寸法 鞘:長さ 83.

(1472? - 1511年10月4日(5日の説も)) ホアン・ボルジア(シレンツィオ)の兄。(弟の可能性も。) 1500年、ヴァレンシアの司教。スポレートの総督。 同年1月、弟のホアン・ボルジアが死去すると、9月28日、サンタ・マリア・イン・ヴィア・ラータの枢機卿位を引き継いだ。 1503年、アレクサンデル6世が崩御しチェーザレが捕囚となると、12月20日、彼はナポリへと移り住んだ。 アロンソ・デ・ボルハ(カリストゥス3世)からずっとボルジア家に受け継がれていたヴァレンシアの司教区は、彼を最後に他家に渡った。. 海外ドラマ「ボルジア家 愛と欲望の教皇一族」シーズン3の作品情報。アカデミー賞俳優ジェレミー・アイアンズ主演。15世紀ローマ、教皇アレクサンデル6世とその一族の愛憎を描く衝撃の歴史ドラマ、いよいよ最終シーズンに突入する。. 妻 シャルロット・ダルブレ 2. 1444年、アロンソはローマへ到着。67歳であった。 この頃のローマは、教皇権の衰退(長期にわたる教皇の不在(バビロン捕囚)、教会の大分裂など)によって落魄しきっていた。 人口は激減し、街は荒れはて、強盗、強姦、殺人は日常茶飯事のものとなっていた。ラテラノ宮殿は廃墟と化し、ヴァティカン宮殿も修復の必要があった。 アロンソはヴァレンシア司教区からのみの寺禄を、唯一の収入源とし、質素につつましく暮らす。(教会法ではそのように定められてはいるが、ほとんどの高僧が複数の寺禄を保有していた。) 住まいはコロッセオとラテラノ宮殿の中間にある、サンティ・クァットロ・コロナーティ教会。 従者や召使は全員スペイン人だった。 1441年に(1437年の説も)アロンソの姉イサベルの夫ホフレ・デ・ボルジア・イ・オムスが死去。アロンソは彼らの二人の息子、ペドロ・ルイスとロドリーゴの後見人となる。 1445年、ロドリーゴ(14歳)はヴァレンシア司教座聖堂の聖歌隊員に、ほどなく、聖具室係に就任する。 ペドロ・ルイスとロドリーゴ、従兄弟のルイス・ホアン・デ・ミラは、1449年までには、ローマに移住している。(正確な時期は不明) 1447年、教皇エウゲニウス4世崩御。 わずか2日のコンクラーヴェで、新教皇ニコラウス5世が選出される。 1449年、バーゼルの公会議が終了。(バーゼルで始まったものの、フェラーラ、フィレンツェ、ローマと場所を移していた。)教会はローマ教皇の名の下に和解し、最後の対立教皇フェリクス5世は退位した。 → ニコラウス5世の政治的手腕。 ニコラウス5世は街を整備し、行政を改革し、芸術家や建築家を保護した。 → 最初のルネッサンス教皇と言われる。 ボルジア 3 この年、ロドリーゴはボローニャ大学へ入学。アロンソと同じく教会法を学ぶ。 1448年、ニコラウス5世は神聖ローマ帝国皇帝フリードリヒ3世とウィーン協定を結ぶ。1452年、彼を神聖ローマ帝国皇帝として戴冠させる。 → 教皇の権威の復活を目指す。 1453年、コンスタンチノープル陥落、東ローマ帝国滅亡。 1455年、ニコラウス5世崩御。 15人の枢機卿がコンクラーヴェに出席。オルシーニ派とコロンナ派が対立し、暗礁に乗り上げる。3度目の投票でもまとまらず、無派閥のアロンソ・ボルジアに白羽の矢が立つ。 1455年4月8日、アロンソ・ボルジア. 『ボルジア家 愛と欲望の教皇一族 ファースト・シーズン』 年8月23日発売(予定) "THE ボルジア 3 BORGIAS" (c) LB Television. #ドラマネタバレ~海外ドラマのご紹介です。ドラマ ボルジア 欲望の系譜 概要・ネタバレ(1話・2話・3話)・キャスト&カンタレラ音楽動画ドラマ ボルジア 欲望. ※ グレイで書かれている部分は、諸説ある人物です。 ※ 色太文字の人物は、クリックすると人物紹介ページに飛びます。 ※ ラウラ・オルシーニはアレクサンデルとジュリア・ファルネーゼとの子と噂されたが、オルシーノ・オルシーニの娘として、ユリウス2世の甥ニッコロ・デッラ・ローヴェレと結婚している。 ※ アレクサンデルと不明の女性との子ジョヴァンニ(インファンテ・ロマーノ)は、ルクレツィアの子、もしくはチェーザレの子、という説もあり、正確なところがわかっていない。ルクレツィアの子とする説が有力ではあるよう。 ※ アレクサンデルと不明の女性との子ロドリーゴは、ルクレツィアの子、もしくはチェーザレの子、という説もあり、正確なところがわかっていない。アレクサンデルの子とする説が有力ではあるよう。 ※ チェーザレの兄ペドロ・ルイスは、ジョヴァンノッツァの長子ではなく、アレクサンデルと不明の女性との子、とする説も、結構有力である。. ボルジアの始祖スペイン、ボルハの街の紋章。 カリストゥス3世(アロンソ・デ・ボルハ)は、ボルハの紋であった赤い牡牛の周囲に金地のふちをつけ、8つの草の束をつけ加え、新たにボルジア家の紋章とした。.

年10月11日(金)ボルジア家 愛と欲望の教皇一族 セカンド・シーズンdvd リリース決定!. 第3話 異教徒 第4話 政略結婚 【Disk-3】 第5話 報復 第6話 不貞の愛 【Disk-4】 第7話 蒼(あお)ざめた馬 第8話 駆け引き 第9話 審判 ※ジャケット・デザイン、商品仕様、特典映像内容などは予告なく変更になる場合がございます。. (1480年4月18日(14日の説も) - 1519年6月24日) チェーザレの5つ下の妹。 スビアーコ生まれ。(ローマ近郊の小都市。ヴァノッツァはボルジアの城のあるここで、ルクレツィアの妊娠期を過ごしたよう。) 幼少時は修道院で、12歳の頃には、ロドリーゴのいとこ姪(いとこの子)アドリアーナ・ミラ・オルシーニに教育を受け、育つ。 ブロンドの髪に明緑色の瞳、細いあごを持ち、可憐な容姿をしていたよう。その美貌を父と兄に徹底的に利用され政略結婚に翻弄される。 1491年 ヴァレンシアの貴族でバル・ダホラの領主ケルビーノ・ホアン・デ・センテーレスと婚約、年内にスペインに赴き6ヵ月後に結婚するはずであったが、2ヵ月後、15歳の少年プロチダ伯ガスパーレ・ダヴェルサと再婚約。 1493年 ペーザロ伯ジョヴァンニ・スフォルツァと結婚。 1497年 意味をなさなくなったミラノ(スフォルツァ)との同盟を解消するため、これを「白い結婚」(ノッツェ・ビアンカ nozze bianca)(性的関係を伴わない結婚)であるとして、離婚させられる。 性的不能者との烙印を押されたジョヴァンニ・スフォルツァによって、ルクレツィアの淫蕩、ボルジアの近親相姦などが声高にうわさされるようになったと思われる。 父と兄によってもたらされた騒動中、彼女はサン・シスト修道院に引きこもる。この時教皇使節であったペドロ・カルデロン(イル・ペロット)と出会い、彼の子どもインファンテ・ロマーノ(ローマの子、ローマ王子、という意味)を出産したとされる。 この子は後ホアン(ジョヴァンニ)と名づけられ、ロドリーゴの子(別の証書ではチェーザレの子)として認知される。 1498年 ビシュリエ公アルフォンソ・ダラゴーナと再婚。ひとつ年下の美男の夫と仲むつまじく暮らすが、チェーザレがフランスと同盟したことにより、アルフォンソの立場は危うくなってしまう。(フランスはアルフォンソの実家ナポリ王国を狙っていたから。) ボルジア 3 1499年 8月、身の危険を感じたアルフォンソは、身重のルクレツィアを置いてローマから逃亡する。ルクレツィアの悲嘆を紛らせるため、またアルフォンソの後を追うことのないよう、ロドリーゴは彼女をスポレートとフォリーニョの総督に任命する。その場しのぎ的な措置であったが、ルクレツィアはしっかりとこの地を治める。 同年11月アルフ. その日の配信予定はスタート時にTwitterで告知しますので、そちらをご参照ください! 毎日だいたい21:00(20:00)~1:00(2:00)くらい?. 34 kg 所蔵 剣:マッテイ・カエターニ宮殿 鞘:ヴィクトリア・アンド・アルバート博物館 概要.

(1447(1446の説も)〜1503年8月1日) (惣領版「チェーザレ」→ サヴィオ・ホアン) (シレンツィオ・ホアンと区別するために、一般的には名前の後に「el mayor(The elder)」とつけられる。) ロドリーゴの妹ファナとペドロ・グレイン・ランソル・デ・ロマーニの息子。 惣領版「チェーザレ」ではロドリーゴの従兄弟、という設定のようだけど、正確には甥、のよう。つまりチェーザレの従兄弟にあたる。 ロドリーゴの従兄弟の子、という説もある。 この場合、ガルセラン・デ・ボルハ・イ・モンカーダとテクラ・ナヴァーロ・デ・アルピカの息子となっている。 諸説入り乱れているので、きっとはっきりしたことは、わかっていないんだと思う。 ヴァレンシアの聖堂参事会員を経て、1480年、シクストゥス4世によってローマ教皇庁の書記官に任命される。 インノケンティウス8世は、彼をローマ知事に任命。1483年にはモンレアーレの大司教に。 1492年、ロドリーゴ・ボルジアの教皇選出時に、枢機卿に。 1494年、アルフォンソ2世のナポリ新王叙任の際、教皇代理としてナポリへ。彼自身が、アルフォンソに戴冠する。 ついでにこの時、カステル・ヌオーヴォで行われたホフレとサンチァの結婚式にも出席している。 シャルル8世のイタリア侵攻時、チェーザレ、アレクサンデル6世とともに、ナポリ王アルフォンソ2世と再び会見、対スフォルツァ、フランス対策を講じる。 彼は教皇がサンタンジェロやオルヴィエートへ避難する前に、教皇勅書をシャルル8世へ届ける。 1500年、アスカーニオ・スフォルツァにとってかわり、尚書院副尚書に。 1503年、アレクサンデルとチェーザレがマラリアで倒れた少し前に、同じ症状で死去。 すごい倹約家で、残された財産は莫大だったという。 異常に肥満していたらしい。 ガルセランという名の庶子(息子)を1人残した。. シエナの枢機卿エネア・シルヴィオ・ピッコローミニ(Enea Silvio Piccolomini) がエストゥトヴィルに9票の差をつけ、有効得票数まで3票、というところまで持ち込む。同意による投票が行われることになる。 全枢機卿が互いの顔色を伺い、腹をさぐる。室内を沈黙が支配し、誰も身じろぎひとつしない。皆が牽制し合い、誰かが発言するのを待っている。 ここで、ロドリーゴは立ち上がり、述べた。 「私はシエナの枢機卿の教皇就位に同意いたします」 後に2名の同意者が続き、ピッコローミニ枢機卿は、ピウス2世として即位する。 教皇推戴に一役買ったロドリーゴは、新教皇の好意を得、教皇庁副尚書(Vice Cancelliere)の地位を維持することになった。 ピウス2世は雄弁家で、人を動かす術に長ける外交家で、詩や戯曲をたしなむ人文主義者だった。 ヴェネツィアやフランスと対トルコの同盟を結ぼうと画策する。 1459年5月、ピウス2世は十字軍遠征の会議をマントヴァで開催する。 このマントヴァにおいて、ロドリーゴはチェーザレたちの母親であるジョヴァンノッツァ・カッタネイ(当時18歳)と出会ったとされている。 1462年(1468年の説も)、ヴァノッツァとの最初の子(不明の女との子である説もかなり有力)ペドロ・ルイスが誕生。 1469年にはジェローニマ、1470年にはイザベッラと二人の女子が、不明の女との間に誕生する。(これらもヴァノッツァとの子であるとする説もあるが、有力ではない) ロドリーゴは背が高く気品ある美しい容貌をしており、性格も闊達で、人を惹きつけ. (1455年頃 - 1509年?) ペドロ・デ・ミラの娘。ペドロの母カテリーナが、ロドリーゴ・ボルジアの母イザベルと姉妹である。 カテリーナとイザベルは、アロンソ・ボルジア(カリストゥス3世)の妹。 ボルジア 3 ボルジア 3 アドリアーナにとって、ロドリーゴは「いとこ伯父」という続柄になる。 ボルジア 3 父ペドロは、カリストゥス3世の治世時に、スペインからイタリアへ渡ってきており、アドリアーナはローマで生まれたのではないかと言われている。 1473年頃 18歳でバッサネッロの領主ルドヴィーコ・オルシーニと結婚。同年、息子オルシーノを出産する。 オルシーノは隻眼で不細工であったらしく、そのためか、非常に自意識過剰な人物であったそう。(斜視であったという説もある。) 1489年 ルドヴィーコは死去。(はっきりしてはいないが、遅くとも1489年には死去していた。) 寡婦となったアドリアーナは、それまでもよき保護者であったロドリーゴとの関係を強くする。それは夫の領地と遺産を管理し、息子に継承させるためにも必要なことだった。 彼女はロドリーゴの腹心として仕え、彼の4人の子どもたちの養育にも熱心にあたった。ルクレツィアの後見人にもなっている。 息子オルシーノの婚約者であったジュリア・ファルネーゼとロドリーゴの愛人関係も、彼女は進んで後押ししたと言われる。 したたかでリアリストであった彼女は、ロドリーゴの与えてくれるさまざまな利益や特権を、冷静に優先させたのだろう。 反対してもせん無いこと、と諦念の境地でもあったのかもしれない。 同年5月21日、息子オルシーノはローマにてジュリア・ファルネーゼと結婚する。 この時ジュリアはロドリーゴ・ボルジアの愛人となって1年弱くらいだった。 (愛人関係となったのは結婚後と言う説もある。) 1492年 ジュリアは娘ラウラを出産するが、父親はオルシーノなのかロドリーゴなのかわかっていない。 (が、オルシーノの嫡出の娘として、ジュリアーノ・デッラ・ローヴェレの甥ニッコロ・デッラ・ローヴェレと結婚する。) アドリアーナは、ジュリアとラウラ、そしてルクレツィアとともに、教皇となったロドリーゴ(アレクサンデル6世)の恩愛を受け、ヴァティカンで睦まじく暮らした。 1494年 ペーザロに向かうルクレツィアに、ジュリアとともに随行する。 教皇は、細かな旅の日程からペーザロでの行事の式次まで、ア. ※ グレイで書かれている部分は、諸説ある人物です。 ※ ガンディア公4世(聖フランシスコ)の孫、フランシスコの妻、アンナ・ボルジア・イ・ピニャテッリは、ホフレ(チェーザレの弟)の玄孫(ひひ孫)アンナと同一人物。. 5 cm 、厚み 0. ※ グレイで書かれている部分は、諸説ある人物です。 ※ 色太文字の人物は、クリックすると人物紹介ページに飛びます。 ※ アロンソ(カリストゥス3世)の息子フランチェスコは、彼の子ではないという説もある。 ※ ホアン・ボルジア(サヴィオ)については、2つある説のどちらも記した。 「?」のない方(ロドリーゴの姉妹ファナの息子)の方が有力。 ※ アンジェラ・ボルジア(エステ兄弟(イッポーリトとジュリオ)の悲劇の要因となるルクレツィアの侍女)は、ホアン(シレンツィオ)の妹ではない、とする説もある。. . 富・権力・愛欲 全てを手に入れた一族の最後の戦い―― 『ボルジア家 愛と欲望の教皇一族 ファイナル・シーズン』 年10月8日発売(予定) http.

一方、反ボルジア派のカテリーナ・スフォルツァは、この機に乗じてボルジア家を皆殺しにしようと計画。 お抱えの殺し屋ルフィオを通し、親族で枢機卿のアスカーニオ・スフォルツァに教皇殺害を指示する。. (1487年?、1491年? - ?) ホアン・ボルジア・ランソル・デ・ロマーニ(Juan de Borja Lanzol de Romaní, el menor)(シレンツィオ)の妹。 ロドリーゴの妹ファナの息子ホフレの子。 よくルクレツィアの従妹と書かれているが、従妹ではなく従兄弟の子である。 ローマでのアンジェラの存在は今いち薄いが、ルクレツィアの侍女としてヴァティカンに暮らしていたよう。 当時からアンジェラの美貌は名高く、文学者たちは彼女を称える詩を多く残しているらしい。 1500年 ジュリアーノ・デッラ・ローヴェレ(ユリウス2世)の甥フランチェスコ・マリア・デッラ・ローヴェレと婚約する。 しかしこれは果たされずに終わる。 1502年 コスタンツォ・ベンティヴォーリオと婚約。 これはチェーザレのボローニャ攻略を視野に入れた、ベンティヴォーリオの一角を抱きこもうという措置であった。 しかしこの婚約も履行されない。 同年1月、ルクレツィアがアルフォンソ・デステと結婚しフェラーラへ赴く時、花嫁のコンパニオン(介添え)としてルクレツィアに随行する。 美しく優雅で魅力的だったアンジェラは、フェラーラの宮廷で注目の的となり、「最もエレガントな乙女(damigella elegantisima)」と呼ばれた。 1505年 12月頃、未婚で出産。 父親はアルフォンソ・デステの異母兄弟(庶子)で、美男の誉れ高かったジュリオ・デステではないかと言われている。 アンジェラの魅力はアルフォンソの弟であるイッポーリト・デステをも虜にしており、イッポーリトとジュリオは、彼女をめぐって争った。 同年11月、イッポーリトはジュリオを襲撃し両目をえぐり取ろうとする事件を起こしている。 これはしかし、単なる三角関係の引き起こした愛憎劇ではなく、ジュリオともう1人の弟フェランテによる、アルフォンソとイッポーリトへの陰謀にまつわる一端であったよう。 (ジュリオとフェランテの逆心を察知したアルフォンソは、アンジェラを利用して謀反者のジュリオを先制した。) 1506年 12月6日、サッスーロの領主アレッサンドロ・ピオと結婚。 1508年 長男ジルベルト(Gilberto)()を出産。彼はイッポーリトの庶出の娘エリザベータ、もしくはイザベッラと結婚した。 アンジェラは姑であっ. ヴァレンティーノ公チェーザレ・ボルジア(イタリア語: Cesare Borgia, duca di Valentino 発音: ˈtʃɛzare ˈbɔrdʒa 、スペイン語: César Borgia (セサル・ボルヒア)または César Borja (セサル・ボルハ)、バレンシア語: Cèsar Borja 、1475年 9月13日(14日説有) - 1507年 3月12日)は、イタリア・ルネサンス期. ボルジア家のイメージ 編集. (年の説も)〜1497年6月14日) チェーザレのひとつ下の弟。(生年が1476年というものと、1474年という説とあり、チェーザレの兄という説もある。弟説支持の方が強いよう。) スペイン語ではJuanホアン(ファン)、イタリア語ではGiovanniジョヴァンニ、となる。 ローマ生まれ。1493年9月、故・兄ペドロ・ルイスの婚約者だったマリア・エンリケス・デ・ルナと結婚。兄の所領地も受け継ぎ、ガンディア公となる。 その他にもセッサの公爵、ナポリの長官、教会の旗手、教皇軍総司令官、サン・ピエトロの知事など、多くの役職を、父アレクサンデル6世により与えられている。 1497年初頭、教皇軍総司令官として、オルシーニ家と開戦。名将グイドバルド・モンテフェルトロなどの活躍により戦勝に沸くが、最終的にはオルシーニ攻略とならず、軍人としての無能さを世間に露呈することになってしまう。 → 詳しくは ホアンの進撃 を! 1497年7月14日、テヴェレ河で刺殺体となって発見される。チェーザレによる暗殺説がささやかれるが、未だ真相は解明されていない。 → 詳しくは ホアンの死 を! 容姿端麗で華やかで軽やかな遊び人だったよう。見栄えはいいけどそれだけだよね、的人物として描かれることが多い。 惣領冬実「チェーザレ」での、父アレクサンデルは、軽佻浮薄な彼を軽視しているが、溺愛していた、としている説も強い。. ボルジア家は、スペイン人の高位聖職者としてローマ教皇に就任したアロンソ・デ・ボルハ、カリストゥス3世が、甥たちを縁故主義(ネプティズム)で出世させたことが発端で、甥のロドリーゴ・ボルジアがローマ教皇に就任後、庶子のチェーザレの活躍で教皇領で勢力を伸ばし、娘のルクレツィ. ルクレツィア・ボルジアの伝記を書いたイタリア人作家マリア・ヴィッラヴェッキア・ベロンチ (en:Maria Bellonci) は、上記の子供以外にもルクレツィアには3人の子供がいたと主張している。一人はアルフォンソ・ダラゴーナの子供で、あと二人はアルフォンソ. .

チェーザレ・ボルジア評伝(3) - ルイ12世,歴史関係のエッセイを書いていきます。検証可能な客観的なものだけでなく、推測を含む興味深いものを追求していきたいと思います。. ヨーロッパからの最新話題作、本格歴史ドラマシリーズ「ボルジア 欲望の系譜」の日本公式サイトです。「ボルジア 欲望の系譜」は年6月よりimagica bs(イマジカbs)で日本独占初放送!. ジローラモ 1501年、もしくは1502年生まれ。 母親はドゥルーシラではないかと言われている。 イザベッラ・ピッツァベルナリと結婚、後にカルピ伯の娘イザベッラと結婚。 どちらとの子なのかは不明だが、2人の娘イッポーリタとルクレツィアを残す。 1. ※全番組が対象ではありません。 ※視聴にはログインが必要です。 WOWOWメンバーズオンデマンド “いつでも・どこでも”楽しめるテレビ会員限定の番組配信サービス スマートフォンまたはタブレットでご利用の場合は専用. チェーザレ・ボルジア (Cesare Borgia, duca di Valentino、 1475年9月13日(14日?)- 1507年3月12日) ローマ教皇アレクサンデル6世の息子(庶子)、 ヴァレンティーノ公チェーザレ・ボルジアは、イタリアの軍人・政治家。.

チェーザレ・ボルジアという青年に魅入られたせいもある。著者の文章が洗練されていて好みにあっていた。 印象に残ったのは、ピウス3世が在任わずか1カ月で亡くなって後任の法王を選出する場面の叙述であった。. あるいは「ゴッドファーザー partⅢ」では、ヴァチカンの老獪なやり方に苛立ったマイケル・コルレオーネ(アル・パチーノ)が「ボルジアめ!」と叫ぶ。このように欧米では、好色さ、強欲さ、残忍、冷酷さの代名詞としてボルジア家はいい伝えられてきた。 兄のチェーザレ・ボルジアは権勢を振るった。 妹のルクレツィア・ボルジアはその美貌を武器に政略結婚を繰り返した。 この兄妹達に関わった多くの者が不審死を遂げた。 権謀術数の代名詞とされるボルジアの血統は多くの人の記憶に残っている。 人物. ボルジア家3 愛と欲望の教皇一族 4月4日(金)スタート(全10話) 第1話無料放送 wowowプライム 毎週金曜 夜11:00 二.

(Goffredo Borgia)(Gioffre Borgia) (1481年 - 1517年) ロドリーゴ・ボルジアとヴァノッツァ・カッタネイの末子。チェーザレ、ホアン、ルクレツィアの弟。.

ボルジア 3

email: rurys@gmail.com - phone:(412) 374-8309 x 8624

鈴木 新 -

-> アナ 雪 オラフ 声
-> ウォルター キーン

ボルジア 3 - カイリー ジェンナー


Sitemap 1

苦労 を かける - Twitter